チャレンジ!気候変動対策

バーチャル出展ブース

気候の変化

盛岡地方気象台

 盛岡の気温は、100年あたり1.8℃上昇しており、日本の平均上昇率1.3℃よりも大きくなっています。これは、地球温暖化の影響のほかに、東京や仙台などの都市と同様に都市化による影響も含まれているためです。また、今から約60年前までの盛岡の年平均気温は現在のむつや函館とほぼ同じ気温となっており、21世紀末の予測では現在の前橋とほぼ同じ気温になると考えられます。
 近年は、温暖化の影響もあって全国各地で自然災害による甚大な被害が頻発するようになってきています。盛岡地方気象台では、災害から身を守るために役立つキキクル(危険度分布)をはじめとする防災気象情報の利活用を推進するため、様々な普及啓発活動に取り組んでいます。


※画像をクリックすると詳しくご覧いただけます。


盛岡の気温の変化

  • 盛岡の季節の変化

  • 地球温暖化って知っているかな?

  • 地球環境の監視・予測

  • 地球温暖化と大雨リスクの増加

  • キキクル

  • 避難指示で必ず避難

  • 「避難」って

  • 逃げなきゃコール

一覧へ

ページの先頭へ